サッカー馬鹿

2018.6.24

  • 1
  • 0

甦れドイツ!スウェーデンに劇的勝利もGL突破をかけ最終戦へ〈ロシアW杯10日目〉

甦れドイツ!スウェーデンに劇的勝利もGL突破をかけ最終戦へ〈ロシアW杯10日目〉

ドイツ2-1スウェーデン

上下から挟み込むようにボールを奪い、その瞬間、ピッチ上のすべての選手がゴールに矢印を向ける。手数をかけずに最短距離を辿りゴールへ向かう。鮮やかなカウンターでスウェーデンが先制に成功する。

まるでメキシコ戦のVTRを見ているようだった。ドイツが攻めあぐねているのか。それとも相手の術中にはまっているだけなのか。後ろ向きでの守備を余儀なくされるシーンが度々訪れる。シュートで攻撃を追えない限りカウンターに見舞われる危険性がある。高いボール保持率とは裏腹に、まるでドイツは怯えてるようだった。

調子の上がらないチームに対し、レーブ監督は次々に選手を入れ替え活性化を試みる。メキシコ戦からメスト・エジル、サミ・ケディラ、マッツ・フンメルスに代えてマルコ・ロイス、セバティアン・ルディ、アントニオ・リュディガーの3名をスタメン。メキシコ戦でキレのいい動きを見せていたロイスを先発に起用するなど好不調を見極めた選手起用に着手。この試合でも前半のうちに1枚目のカードを切り(ルディ→イルカイ・ギュドアン/31分)後半早々に早くも2枚目のカードを切る。(ユリアン・ドラクスター→マリオ・ゴメス)

0-1のビハインドで迎えた後半開始早々に、今大会初先発のロイスが結果を出す。左サイドからティモ・ヴェルナーのクロスに対し、中央でゴメスが潰れ、ファーから飛び込んだロイスがゴールネットに突き刺しドイツが同点に追いつく。新たに起用した二人でゴールに絡みレーブ監督の采配が奏功する。

同点に追いつかれたスウェーデンは74分にジミー・ドゥルマズ、78分にヨン・グイデッティーが交代出場、攻撃的な選手を立て続けに起用し攻勢に打って出る。その数分後、スウェーデンにとって追い風となるアクシデントが発生する。

82分、ジェローム・ボアテングがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分。これを受けたレーブ監督は勝負に打って出る。ディフェンスのエナス・ヘクトルに代えてフォワードのユリアン・ブラントを投入、リスク覚悟で攻勢を仕掛ける。

迎えた後半アディショナルタイム5分、ドイツはペナルティーエリア左のやや外、絶好の位置でFKを獲得する。キッカー、トニー・クロースの右足から放たれた弾道がゴールネットに吸い込まれドイツが劇的な逆転勝利を収めた。

積極的な選手起用で流れを掴んだドイツが復活した。GLリーグ突破は次節までお預けだが、次戦の韓国戦で攻撃陣が波に乗るようなことが起これば十分に優勝が狙えるのではないだろうか。

ロシアW杯 大会10日目

グループF 韓国1-2メキシコ
グループF ドイツ2-1スウェーデン
グループG ベルギー5-2チュニジア

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP