サッカー馬鹿

2018.6.29

  • 374
  • 12

選手を奮い立たせた西野監督の男気。勝負はこれからだ!〈ロシアW杯15日目 日本0-1ポーランド〉

選手を奮い立たせた西野監督の男気。勝負はこれからだ!〈ロシアW杯15日目 日本0-1ポーランド〉

 
「これが勝負の世界。」キャプテン長谷部 誠が試合後に語った言葉にすべが集約される。
 
1点ビハインドで迎えた試合終盤、日本代表は同点ゴールを狙わずに、このスコアのまま時計の針を進めることを選択した。自陣でのボール回しにスタンドからブーイングが沸き起こる。
 
パス回しが行われると同時に、同時刻に行われているコロンビアvsセネガルの試合経過が表示された。1-0 コロンビアがリードしている状況だ。
 
もしこのまま両試合ともタイムアップを迎えた場合、コロンビアのGL首位通過が決まり、セネガルと日本は同勝点で並ぶことになる。奇しくも得失点差も得点も同数であることから、フェアプレー(イエローカード提示の数)により日本の勝ち抜けが決まる。
 
しかし、もしセネガルが同点に追いつくことがあった場合、その瞬間、日本のGL敗退が決まる。西野監督が最後の交代カードを切ったのは82分、長谷部 誠の投入を決断した。この交代には「このまま時計の針を進めよう」というメッセージが込められていた。
 
この状況を語るには、この試合に臨むに至る日本代表の背景を知って置く必要がある。GL突破がかかる大事な一戦に、西野監督が送り込んだスタメンは前節のセネガル戦から6名もの選手を入れ替えたメンバー構成だった。
 
従来のワントップからツートップに変更、そのツートップに起用されたのは、今大会絶好調の大迫 勇也ではなく岡崎 慎司と武藤 嘉紀。左ミッドフィルダーに宇佐美 貴史、右には本来のポジションではない酒井 高徳を配置。ボランチにはキャプテン長谷部ではなく山口 蛍、センターバックに槙野 智章。そして相次ぐミスから批判に晒されていたGK川島 永嗣を起用しつづけた。
 
この試合のスタメンには西野監督の並々ならぬ決意が現れていた。まずはGK川島の起用である。一人の選手を矢面に立たせるわけにはいかない、起用を継続することにより批判を自らに向けようとする男気、選手への絶大なる信頼をのぞかせた。
 
そして6名もの大量のスタメン変更に込められたメッセージは、目標はあくまでもノックアウトステージでの勝利であるという決意。過密スケジュールを考慮してレギュラーメンバーのリカバリーに充てたこと、それと同時に共に戦うサブメンバーを奮い立たせ、チームの結束力を高めること。史上初のベスト8進出へ打って出た大博打だった。
 
この背景を思い返すと、終盤でのボール回しは当然の選択であったといえよう。西野監督の想いを受け止めるかのようにビッグセーブを繰り出したGK川島の勇姿を目の前に喝采を送ったファン、サポーターも少なくないはずだ。
 
すべてが整った、我々にとってGL突破は通過点、勝負はこれからである。グループGの順位が出揃い、ベスト8をかけた対戦相手は強豪ベルギーに決まった。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP