サッカー馬鹿

2018.11.5

  • 139
  • 122

ようこそゴール裏へ!チーム愛を貫く者だけが味わえる最上級の歓喜がココにある。<湘南ベルマーレコールリーダーたかはし おさむ氏の応援流儀>

ようこそゴール裏へ!チーム愛を貫く者だけが味わえる最上級の歓喜がココにある。<湘南ベルマーレコールリーダーたかはし おさむ氏の応援流儀>

(右)たかはし おさむさん

インタビューや記者会見の際に選手たちは一様に「ファンとサポーターの皆さま」という具合にスタジアムを訪れるお客さまを二つの表現で言い分けている。つまりファンとサポーターは異なる視座にあるということ。

ファンは試合を楽しむ観客であり、サポーターはチームを応援するキャストである。選手たちの言葉の裏側にサポーターへの敬意を感じとることができる。

ファンにはなくサポーターにあるものがある。それは当事者意識という言葉に集約される。当事者意識を抱えるサポーターはクラブ側の立場に立って考え、行動する。まさしくクラブの支援(サポート)を買って出る者たちなのだ。

今回インタビューに登場していただいた たかはし おさむ氏は、湘南ベルマーレサポーターのコールリーダーを務めている。

コールリーダーとはゴール裏(応援ゾーン)中央を陣取り応援の音頭をとる者。コールリーダーを取り巻くコアサポ(コアサポーター)は応援を先導することでゴール裏の熱狂をスタジアム全体に伝播させる役割を担う。

まさにベルマーレサポーターの中心的な立場にある たかはし氏はチーム愛を貫く者だけが味わえる歓喜があると語る。それは相思相愛の果ての一体感であるとつづける。ようこそゴール裏へ!もっとサッカーを楽しむために・・・。湘南ベルマーレサポーター コールリーダーたかはし おさむ氏の応援流儀を伺ってみた。

ページ: 1 2 3

Categories & Tags

湘南ベルマーレサポーター コールリーダーたかはし おさむ氏インタビュー。

TOP