サッカー馬鹿

2019.4.10

  • 0
  • 5

北の大地で復活の狼煙をあげる〈ルヴァンカップGS札幌vs湘南プレビュー〉

背番号「5」時代の秋野 央樹(撮影:花井 康成)

4月10日19:00 札幌ドームでルヴァンカップGSコンサドーレ札幌vs湘南ベルマーレの一戦が行われる。リーグ第6節から中3日、試合後再び中3日(札幌は中2日)とつづく3連戦。この試合は2戦目にあたる。湘南は寒さが残る札幌の地へ乗り込む。
 
長崎戦●1-2、横浜FM戦◯2-0、湘南は2節を終えてGS2位につけている。二連覇がかかる今大会なだけに早々にGS突破を決めておきたいところだ。今節も日程上の理由でターンオーバーを敷くことが予想されるが、チーム力の底上げという意味においても重要な一戦となる。
 
今節も直近のリーグ戦ベンチメンバーを中心としたスタメンと予想する。
 
フォーメーションは3-4-2-1。
 
GK富居 大樹、3バックは真ん中は前節(横浜FM戦)で初のリベロ起用となった秋野 央樹、左は負傷明けの大野 和成、右はコンディション次第で岡本 拓也、あるいは第1節(長崎戦)ぶりに高卒ルーキー福島 隼人と予想。
 
ダブルボランチは第2節(横浜FM)に引き続きU-18日本代表の柴田 壮介と負傷明けの齊藤 未月。あるいは第1節(長崎戦)でスタメン出場した新井 光か。ウイングバックはともに磐田戦ベンチメンバーの古林 将太とレレウ。2シャドーはこちらも磐田戦ベンチメンバーの中川 寛斗と大橋 祐紀と予想。
 
ワントップには指宿 洋史。こちらはあくまでも願望である。中3日での出場なので考えにくいが今後の活躍のためにも連携を深めておきたいところだ。今季未出場の鈴木 国友にチャンスを与えても面白いかもしれない。
 
ルヴァンカップGSでの活躍はリーグ戦出場の大きな足掛かりとなる。そんなことはもはや言うまでもないが、この流れはシーズンを追うごとに加速しているように思える。とりわけ今シーズンにおける鈴木 冬一と小野田 将人の躍進は目覚ましい。
 
第4節、出場停止の岡本に代わりスタメンに名を連ねた鈴木冬、同じく負傷離脱の大野 和成に代わりリーグデビュー戦でいきなりゴールを挙げた小野田はともにスタメン出場をつづけている。第3節(鹿島戦)で負傷離脱を余儀なくされた坂 圭祐に代わり出場をつづけているフレイレも遜色ないプレーを披露している。
 
いずれもルヴァンカップGSを足掛かりに台頭した選手だが、今節は逆にスタメンの座を明け渡した主力組の復活のパフォーマンスを期待したい。特に注目したいのはGS前節(横浜FM戦)で初のリベロ起用に印象的なプレーを見せた秋野だ。
 
これまで湘南はボール奪取から前線へ楔(くさび)を入れる、あるいは素早いパス回しで敵陣へボールを運ぶ。いずれもコンパクトな陣形を崩さず相手ゴールに迫っていたが、精度の高いロングフィードで一気にディフェンスラインの背後を突く。高い精度で放たれる秋野のフィードは横浜FMの高いディフェンスラインに効果覿面だった。
 
「新しいオプションができた」と秋野の活躍に賛辞を贈っていた曹貴裁監督だが、その後リーグ戦にベンチ入りするも十分な出場時間を与えられてはいない。
 
秋野は今シーズン背番号を10から17へ変更している。2017年、柏から期限付移籍で加入した当時の背番号は「5」。昨シーズンは期限延長ながらもエースナンバー「10」を背負う。そして今季完全移籍でチームに合流した秋野は「17」を選択。常に挑戦をつづける秋野には心に期するものがあるに違いない。
 
遠く北の大地で秋野 央樹が復活の狼煙をあげる。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP