コンサル

2019.11.23

  • 73
  • 4

副業サラリーマンに学べ!美容師がやるべき副業とダブルワーク

こんにちは 勝村大輔(gunners5050)です。

ボクは美容師歴25年、人口20万人の市内に20坪ほどの小さな美容室を営んでいます。お店は間もなく15年目を迎えます。月間個人売上は150万円ほど。ブログや講演などを副業(複業)にしています。

さて、先日に下記のツイートをしました。

副業(複業)をする理由は、年収を増やす目的もあるけど、本業の年収が安定してれば基本的にやらなくてもいいこと。やらなくてもいいのに、それでも挑戦したい。それも副業の目的。思いっきり好きなことに取り組む、絶好の機会かもしれない。

今回のテーマは「副業」です。

もはや副業はブームではありません。

政府が働き方改革の一環で副業を推進しているという報道を耳にしたのは、少し前のこと。

それを受け、副業の解禁する企業が続々と増えています。

そして今、副業は「働き方」のスタンダードになりつつあります。

この記事では”副業サラリーマンの実態”をヒントに「新しい働き方」の可能性に迫ります。

美容師だけではなく、整体師やネイリストなどの技術者や、個人事業主、店舗経営者向けの記事です。

今回、お伝えすることは下記の3つです。

  1. 副業サラリーマンの実態
  2. 美容師の悲惨な現状
  3. 本業に「愛」を、副業に「楽」を

1. 副業サラリーマンの実態

先日、興味深い記事を見つけました。

『年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上〜499万円以下」が最多』

上記の記事に掲載されている『サラリーマンの副業について』の調査は、エンワールド・ジャパン株式会社が、年収800万円以上の正社員1028名にアンケートをおこなったものです。

この調査結果が、とても興味深かった。

現在、副業をしているサラリーマンは

「どのくらいいて」
「どのような目的で」
「どれくらい稼いでいるのか」

順を追って解説しますね。

サラリーマンの約2割が副業している

現在(2019年11月)外資系企業、日系企業ともに、年収800万円以上のサラリーマンの約2割が副業しています。

いまだ副業解禁に踏み切らない企業が多い中での2割ということは、今後、さらにこの流れは勢いを増すはずです。

副業が当たり前の時代が、まもなく訪れようとしています。

副業の年収は「100万円〜499万円」

隙間時間での業務にもかかわらず、副業年収約500万円は驚きです。

今後は、副業の年収が本業の年収を超える。そんな強者たちが増えてきそうです。

こうなると、もはや「副業」というより「複業」と表すべきですね。

どちらの業務に、どれくらいの労力と時間を注ぎ込むのか。

今後は、バランス感覚が問われそう。

副業の目的

一連のデータの中で、もっとも興味深いのが「副業の目的」です。

意外なことに、副業に向かう動機はさまざまなようです。

  • 不安からの回避
  • 豊かさの追求
  • 新たな挑戦

副業がもたらす新たな可能性を感じます。

約6割が収入増のため

副業の目的に「収入」と答えているサラリーマンは約6割。大部分を占めています。

働き方改革が進む一方で、残業の制約などによる減収が主な理由だと思われます。

その一方で、時間に余裕ができるのですから、減収の補填に駆け回るのも無理はありません。

現在の日本では、年収1000万円で約300万円の税金を支払わなければなりません。

それに加えて、子供の教育費や、保険、住宅ローンなど。年収1000万円でも、決して経済的に豊かとは言えません。

本業の専門性を活かして経験を積む

とはいえ、この状況を前向きに捉えている人も少なくありません。

本業の専門性を活かして経験を積む」と答えたのは全体の約2割。

自分の得意なことで、より多くの人に役立ち、より多くの人に喜ばれたい。

とっても豊かな発想ですよね。

実際には、減収の補填が目的かもしれませんが、こうした熱意溢れる人が活躍できる場は数多くあります。

今後は、起業の道へ向かうのではないでしょうか。

本業とは異なる業務へのチャレンジ

副業の目的を「本業とは異なる業務へのチャレンジ」と答えた人は、上記と同じ約2割ほど。

こちらも非常に前向きですよね。

新たな分野への進出は、そうカンタンではありません。新たな知識を学ぶ必要があるし、新たなスキルを身につけなければなりません。

転職を想定しての方向転換、あるいは、新たな可能性の模索といったところでしょう。

副業はポジティブな影響をもたらす

副業は、決してネガティブな働き方ではありません。圧倒的にポジティブな印象を受けます。

なぜなら、

  • 減収を補える
  • 年収アップできる
  • 新しい挑戦ができる

仕方なく働くという人もいるかもしれませんが、結果的には良いことしか起きません。

副業がもたらす影響は、経済的な安定だけではありません。

  • やってみたかったことに挑戦する
  • 好きなことのビジネス化に挑戦する

今こそ、新たな挑戦に踏み切る絶好の機会ではないでしょうか。

同一労働 同一賃金

2020年4月1日から『同一労働 同一賃金』がスタートします。

同一労働 同一賃金とは、同じ職場で働く正規雇用の従業員と、非正規雇用の従業員との、待遇や賃金格差を無くそうという試みです。

もう、正社員を目指す必要がなくなるということです。逆をいうと、たとえ正社員でも減収や解雇の可能性もあるということ。

どの会社で働くのかよりも、何の専門家として活動するのか。価値観が劇的に変わろうとしています。

人の流れは、さらに活発になるでしょうね。

副業の推進につづき、政府が押し進める「働き方改革」はまだまだ終わりません。

この流れは、確実に副業に向かう人たちの背中を押すでしょう。

そして、その余波は技術者や個人事業主、店舗経営者にも及ぶことが予想されます。

2. 美容師の悲惨な現状

事実、美容師はかなりの低賃金です。

  • 美容師の平均年収は284万円
  • サラリーマンの平均年収は441万円
    (男性/521万円 女性/280万円)

(2019年11月更新)

サラリーマンと比較すると、その差は歴然です。

なぜ美容師の年収は低いのかは、下記の記事をお読みください。

なぜ美容師の年収は低いのか?年収アップの方法と新たな働き方を提案

2-1 美容師こそ副業すべき

結論= 美容師こそ副業すべきです。

その理由は明白です。
圧倒的に低賃金だからです。

年収800万円のサラリーマンが副業するくらいですからね。

経済的な安定を考えると、美容師こそ副業すべき、となるわけです。

美容師が向かうべき道は2つしかありません。

  • 副業する
  • 美容師一筋で年収アップを目指す

向かうべき道は、安定か。それとも挑戦か。あなた自身で決めてください。

フリーランス美容師の働き方と年収が「羨ましすぎる!」

2-2 副業をする

副業サラリーマンの実態をヒントにすると、2つの方向性が浮かんできます。

  1. 本業の専門性を活かして経験を積む
  2. 本業とは異なる業務へのチャレンジ

本業の専門性を活かして経験を積む

美容師にはたくさんのスキルが備わっています。

・美容技術
・薬剤知識
・販売セールス
・接客マナー

挙げれば、まだまだありそうなくらいです。

【技術を活かす】

  • ヘアメイクのアルバイト
  • 派遣美容師
  • 介護施設でのヘアカット
  • 講師

【知識を活かす】

  • 商品開発
  • 商品販売
  • 講師

【販売セールスと接客マナー】

  • 企業の社員研修
  • 研修プログラムの作成/販売
  • 講師

コンテンツを作成してブログやYouTubeで配信するなど、オンラインでも活動が可能です。オンラインサロンもありですね。

まずは、美容師を専門に取り扱う副業サイトに登録してみてください。

美容師の求人・派遣<QJキャスティング>

フリーランスで活動しても、かなり可能性が広がりそう。

GrandStory Salon|シェアサロンの見学or会員登録

本業とは異なる業務へのチャレンジ

コンビニやガソリンスタンド、警備員など、アルバイトは多岐にわたりますが、あまりオススメしません。

なぜかというと、本業に支障をきたす可能性が高いからです。

労働に労働を重ねる体力仕事よりも、在宅での業務が可能なリモートワークがオススメです。

世の中は、未経験から始められる仕事で溢れています。新たな可能性を見つけるためにも、思い切って、本業とは異なる業務にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まずは超有名な在宅ワークの求人サイト『クラウドワークス』『ランサーズ』への登録をオススメします。(ボクも登録済み)

・どんな仕事があるのか
・どれくらい稼げるのか

知るだけでも価値があると思います。

もし「楽しそう!」と思える仕事と出会えたら、この機会に新しい知識やスキルを身につけるなど、勉強をはじめるのもいいかもしれません。

きっと、新しい可能性が見えてくるはずです。

3. 本業に「愛」を、副業に「楽」を

この記事は、あくまでも本業をつづけるのが前提で書いています。

副業とは、経済的な安定をもたらすだけでなく、本業の価値を高めることもできれば、新しい可能性を切り拓くチャンスでもあります。

本業に「愛」を、副業に「楽」を。

これはボクの考えです。

現在の仕事を生涯の仕事にしたいのなら、心から仕事を愛すことです。

副業には、心置きなく「楽」を求めましょう。

  • 経済的にになる
  • しい!を仕事にする
  • に始めてみる

時代の波に躊躇なく乗ってみる。それが成功の秘訣です。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP