コンサル

2020.2.24

【緊急】2020年4月が始まる『同一労働 同一賃金』が及ぼす美容室経営を解説

2. どのような対策が必要なのか

業務委託や面貸しなど、フリーランス契約を結ぶ美容室が増えるのではないでしょうか。

その一方で、週に20時間以上勤務できない美容師との契約を破棄するかもしれません。

あるいは、社員とパート、アルバイトの業務内容を明確に分ける。

対策があるとしたら、この3つくらいでしょう。

『同一労働 同一賃金』には、それくらいパンチ力があるということです。

あるいは、給料体系を完全歩合に移行する可能性も考えられます。

 

NEXT→今後どうなっていくのか

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP