コンサル

2020.5.9

急場しのぎに奔走する5月【焦らず、現状と今後の見通しを整理しておこう】

1. 家賃支援策

まずは朗報です。

【家賃助成 最大3分の2案も検討】

家賃支払いが困難になった事業者に対する自民党の支援策の骨格が判明した。一定程度減収した中小・小規模事業者と個人事業主を対象に、年内いっぱいをめどに家賃の一部を国が助成。助成割合は最大3分の2案も。

コロナの影響で、多くの店舗は売上が大きく減少しています。

半減ならまだしも、休業に追い込まれた店舗は売上ゼロです。

それでも、売上に関係なく家賃は発生します。

家賃の助成は店舗経営者の大きな助けになります。

ただし、この案が通ったとしても、実際に助成が実行される日はまだまだ先の話です。

まずは『持続化給付金』や『特別融資』を活用して急場をしのぐしかありません。

 

NEXT→ 持続化給付金と融資の現状

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP