コンサル

2016.10.6

  • 0
  • 0

その発信は交流どころか友人を遠ざけてしまってるかもしれない【SNS活用】

その発信は交流どころか友人を遠ざけてしまってるかもしれない。
不明 (96)
興味深い話を聞きました。どんな話なのかというと、「SNSをビジネス活用しようと勉強してその通りに発信したら、いつも間にか友人に遠ざけられるようになった。」そんな話です。

「このままで良いのかなぁ」と疑問を告げると、「友達は入れ替わるもの」「新しい縁を作ればいい」要するに、SNSをビジネスに活用したいのなら友達関係は諦めなさいという事らしい。

勿論そんな訳はありませんよね。「まだそんなことしてんのかよ!」その話を聞いて、ボクの頭の中は数人の名前が思い浮かんだ。

「そういえばアイツ、最近どうしてるのかなぁ?」と思い立ち、Facebookタイムラインを覗いて見ると、案の定「イイね!」の数は激減していた。数年前までは、いや、つい最近まで、そこそこの「イイね!」が付いてたにもかかわらず、その人の周辺(投稿)からは全く人っ気を感じない。「イイね!」している殆どの人は、変なビジネス系の人だらけ。散々たるものだった。

友達の数に比べて明らかに「イイね!」が少ない人。あるいは、友達の数は変わらないのに「イイね!」の数が減ってる人は要注意だね。

「イイね!」数は置いといても、友達が減ってビジネスが繁栄する。一般的にはどうだか知らんけど、SNSという括りの中では先ずあり得ない。あれ?もしかしたら勘違いしてるのかなぁ。○ット○ークビジネスと。そう思った。

「イイね!」を増やすことが目的ではないけど、「イイね!」が増えるくらい交流を楽しむ。親しい友達のように、自分のビジネスを応援してくれる人が増えていく。SNS上で賑わしてるビジネスの背景には「応援」というキーワードがあるような気がしてなりません。

応援される人になるために。どんな発信が出来るのか。誰の役に立てるのか。どんな風に楽しもうか。どんな風に喜ばせようか。

SNS時代は楽しんだもん勝ちなのかも。改めてそんなことを感じました。それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP