コンサル

2016.12.17

  • 176
  • 9

ボクがブログを書き続ける理由【エレメントE】

エクスマ塾生限定セミナー『エレメントE』

ブログ活用は千差万別。積み上げてきたからこそ、各々の考え方がある。昨日のエクスマ塾生限定セミナー『エレメントE』でそんなことを感じました。

ライブ配信やストーリーの登場で、SNSのトレンドは益々リアルタイムへと移行してます。それによって、ブログやYouTubeなどストック情報の立ち位置はおのずと変わってくるわけで、これからのブログの役割、どんな発信が相応しいのか。藤村先生をはじめ短パン社長、ハッピー、まちゃ、そしてボクと、それぞれの考え方を講演しました。

15622659_1366047753447449_2940144092250790725_n

藤村先生とエクスマ講師陣と黄色いゴミ袋

ブログ活用のお話をする前に、そもそも「あなたはブログを書いてますか?」で、「どのくらいの頻度で書いてます?」え〜と、ボクは365日中、350記事くらいかなぁ〜。ほぼ毎日といったところです。毎日書きたいなと思ってる。けど、「うおーーっ!書けないよーー」って日もある。そんな感じです。

そしてもう一つ。あなたは「何のためにブログを書いてますか?」売り上げアップのため?集客のため?それとも、お客さんとの関係性を築きたいから?正直な話、ボクはコレ全部かなぁ〜。結果的にそうなれば嬉しい。そう思っています。

 

そのためにどんなことを意識して発信してるのか?それこそ人それぞれだと思うんです。だって、業種も違えば、届けたい人も違うわけだし。ボクの場合、藤村先生のこのツイートの教え通り、”好きなこと”を中心に発信しています。

【ボク個人のこと】
【ボクの仕事のこと】
【ボクの好きなこと】

これらを組み合わせることで独自性を高め、ボクならではの”個人ブランド”を作り上げる。そしてそれを仕事に活用して、最終的には、好きなことを仕事にする。これがボクがブログを書き続ける理由です。

%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91

ボクのブログの3つのカテゴリー

好きなことを発信する。これって今でこそ反響があるけど、最初からそうだったわけではありません。そりゃそうですよね?他人の好きなことなんて別に興味がないし、「あ、そう」って感じでしょ?完全な他人事なわけですから、当然の話です。

好きなことを発信しても初めから反応があるはずはない。馬鹿と呼ばれるまでハマること。そうやっていくうちにやがてそれは価値へと変わる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-14-12-20-15

最近はサッカーの投稿の方が反応が良い。

ブログだけじゃないよ。FacebookもTwitterもInstagramだって、すべてのSNSも同じ。好きなことを発信しまくるんです。

そうすることで、「イイね」が増えてきて、たくさんのコメントも頂けるようになる。それでもやり続けると、今度は批判までされるようになります。発信力が高まってきた証拠です。

先日のブログ<覚悟を持って楽しもう!覚悟を持って突き進もう!>でも書きましたが、賛否両論はあって当たり前。反対意見がなければ、それはまだまだ影響力が足りない証拠なんですよね。

そして、賛否両論があるということは、自論であること、自分の意見であるからこそ巻き起こる。ブログを書くということは、公の場で意見を述べるということ。表現者であるという自覚が必要だと思う。

%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a%e3%81%8a%ef%bc%91

だからボクは、たとえ365分の1の記事だとしても、できる限りこだわっていきたいなぁ〜と思っている。私的な日記記事はどうなの?とかゴミ記事だとか、ウィキペディアのコピペみたいな記事とか、SEOを狙いすぎた記事とか、色々言われてはいるけど、想いもない記事、適当に書く記事なら書かない方が良い。ボクはこう考えています。

上の本は、「サッカージャーナリストになりたい!」というボクに、師匠がオススメしてくれた『スローカーブをもう一度』という本です。この中の『江夏の21球』というコラムが・・・マジで衝撃的でした。こんな文章書きたいなと本気で思った。

だからボクは、ブログを書く。真剣に取り組む。人それぞれ目指すところも、楽しみ方も違うけど、どうせ書くなら、「こうなりたい!」を実現するためにやったらいいんじゃないかなぁ〜。昨日お伝えしたかったことはこんな事でした。それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP