コンサル

2014.9.3

  • 0
  • 0

質は、圧倒的な量から生まれる。

本日最初の記事です。
こんにちは!かっちゃんです。

売れる販促物を作ろう!

カッコいいデザインも、斬新なキャッチコピーも、伝わる文章も・・・そんなにカンタンには作れない。

学んで実践して、検証して工夫して、それを何度も繰り返すことで、ようやく完成する。一度完成したとしても、また違うものを生み出そうとした時、散々やってきたノウハウが通用せず、またこの作業を繰り返し行う、この堂々巡りを繰り返してようやく知恵が生まれ、容易に複製できるようになる。

やった数だけ上手くなる。練習量はウソをつきません。

この苦労は、誰にでもできること。ただ、誰もがやらないことでもあります。だって、メンドクサイですからね。でもですよ。売れる販促物が作れる、そんなスキルさえ身につければ、商売繁盛もそう遠い未来ではありません。その道のプロとして必要なスキルを身につけるのと同じくらい、商売人としてのスキルを身につけなければ、もうやっていけない。誰もが疑う余地のない、厳しい新時代の中で商売をしてるのですから。

売れる販促物を作るコツは3つあります。

1 基本を押さえる。

伝えたいことが誤解なく伝えられ、多くの人が反応し、行動したくなる販促物を作るには、やはり基本があります。その基本とは、これまでの経験とは関係ありません、「指針」みたいな知識です。迷ったときに立ち戻れる基本的な知識を会得しておく必要があります。

2 経験を積む

前述のとおり、とにかくやり続けること。最初から完璧を目指さずに、失敗覚悟で愚直に挑戦し続けること。反応があったものは、どうして反応があったのか?反応のなかったものは、どうして反応がなかったのか?経験とは、成功と失敗を繰り返すこと。試行錯誤の繰り返しが新しいアイデアを生み出し、その工夫の数が財産となります。

3 お客さんの声に耳を傾ける

お客さんの「不」を見つけるために、お客さんの「快」を見つけだすために、とにかくお客さんの声を聞き逃さないこと。自分が売りたい、伝えたいことを意識しすぎるあまりに、お客さんの姿を見失いがちになってしまうからです。徹底的にお客さん視点になることです。

大切なのは、楽しむ姿勢です。初めは、苦手だな〜と、思うかもしれません。でも、一時の頑張りで、たくさんのお客さんを喜ばすことが出来るのですから!お客さんの笑顔を想像しながら、ニヤニヤと、ワクワクしながら取り組むことが、もっとも大切な成功のポイントです。

販促の達人になりましょう。

9月24日から長野県主要5都市で、日経主催のセミナーで講演します!
『2時間で作れる! 圧倒的に売り切る!販促ツール作成講座』

Facebookイベントページはコチラ↑

9/24(水) 長野
9/25(木) 上田
10/27(月) 飯田
10/28(火) 岡谷
10/29(水) 松本

会場や時間など詳細は、日経のサイトからご確認くださいませ。
nikkei4946.com 

参加費はすべて無料です!!
なので、何回でも参加してくださいね(笑)

今回、ボクがお伝えするのは、前述でいう「基本」です。
講演というよりは、ワークショップで参加者のみなさんが実践できるプログラムとなっております。

このツアーの、ボクのパートナーのこの方
スクリーンショット 2014-09-03 15.08.28
画像をクリックすると米澤さんのブログ記事、今回のセミナーについての記事を閲覧できますよ。

紙販促の基本をみっちり学んで、すぐに実践しませんか?
質は圧倒的な量から生まれます。 うん。コレ間違いないですね。

それではまた。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP