サッカー馬鹿

2019.5.20

  • 107
  • 11

J史に残る大逆転劇!世紀の大誤審に屈することなく湘南らしさを貫いた〈明治安田生命J1 第12節 浦和2-3湘南〉

 
・・・心が震えた。
 
間違いなくこの試合はJリーグ史に残るドラマとして語り継がれていくだろう。
 
埼スタで浦和に勝利した21年ぶりの歓喜から一年、再び”この地”で何かが起きる・・・そんな予感はあった。
 
ACL北京戦を控える浦和はターンオーバーを敢行、主力選手の大半を温存した相手にまさかの苦戦を強いられる。22分に長澤 和輝に、その3分後、アンドリュー・ナバウトに、続けざまに失点を喫した湘南は苦境に立たされていた。
 
「今日は湘南の日でない。」心の中でこうつぶやいた。
 
この日の湘南はU-20W杯メンバーに選出された齊藤 未月と鈴木 冬一がメンバー外、負傷明けの主将の大野和成と菊地 俊介、野田 隆之介のメンバー入りという朗報もあったが、試合直前のウォーミングアップ中に岡本 拓也にアクシデントが発生。メンバー外を余儀なくされた。
 
しかし湘南に襲いかかる逆風にそれだけではなかった。
 
問題のシーンは2点ビハインドで迎えた31分に起きた。ピッチ中央でボールを受けた梅崎 司が体勢を崩しながら前線へ抜け出す杉岡 大暉へパス。ワンフェイントでディフェンダーをかわした杉岡が左足一閃。シュートは右ポストを弾き左サイドネットを揺らした。
 
ところが、このゴールを審判団はノーゴールと謎の判定。主審は試合の続行を指示し、湘南の抗議を余所に浦和はそのままは相手ゴールへ迫り決定機を作った。もし浦和に3点目が決まっていたらこの時点でゲームは終わっていただろう。
 
しかし湘南の猛抗議も虚しく判定は覆らない。史上最悪の大誤審を前に怒りが収まらない湘南は2点ビハインドのまま前半を終えロッカールームに下がった。
 
「やるか、やめるか。」
 
ハーフタイムで曹貴裁(チョウ キジェ)監督は選手たちにこう問いかけた。無論、その言葉にはボイコットも辞さない覚悟があった。
 
魂の45分間はここから始まった。
 

ページ: 1 2 3

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP