サッカー馬鹿

2019.5.20

  • 107
  • 11

J史に残る大逆転劇!世紀の大誤審に屈することなく湘南らしさを貫いた〈明治安田生命J1 第12節 浦和2-3湘南〉

 
 
GK秋元 陽太から山崎 凌吾を経て、センターサークル付近でボールを受けた山根 視来がそのままドリブルを開始。松田が相手を引きつけ空いたスペースに持ち込んだ山根は思い切り右足を振り抜いた。
 
「技術ではなく気持ちで押し込んだ。」山根が放ったシュートはブロックに入った阿部 勇樹の体に当たりGK西川 周作の頭上を越えゴールに吸い込まれた。
 
喜びを爆発させた選手、監督、ベンチ、そしてビジタースタンドに詰め掛けたサポーター。反骨心をエネルギーに変えた湘南が見事な大逆転劇を演じた。
 
試合後、「普段のピッチが後半に出た。」と語った曹監督。
 
90分間休むことなく走り続ける、前線からプレスに奔走し、ボール奪取と同時に全員が一気に相手ゴールへ矢印を向ける。ポジションの枠を越え後方から次々と選手が駆け上がりゴールを目指す。この日決勝点を挙げた山根はディフェンスの選手だが、湘南にとってそれはさして珍しいことではない。昨季の鹿島戦、ラストワンプレーで山根が決めたゴールシーンがよぎったサポーターも少なくないはずだ。
 
「自分にスポットを当てる」山根は試合直後のインタビューでこんなフレーズを残している。相手がどうあれ、状況がどうあれ、自分のやるべきことに集中する。思い返せば湘南ベルマーレはいつだって自分らしさを貫いている。
 
世紀の大誤審に揺れた試合だったが、精神的にも鍛えられていた湘南だからこそ逆風に臆することなく逆転を呼び込んだ。素晴らしいの一言に尽きる。
 
誤審は当然咎められるべきだが、それと同時に幻と化してしまった杉岡のスーパーゴールも記憶にとどめておきたい。

ページ: 1 2 3

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP