サッカー馬鹿

2019.5.20

J史に残る大逆転劇!世紀の大誤審に屈することなく湘南らしさを貫いた〈明治安田生命J1 第12節 浦和2-3湘南〉

 
後半開始から湘南は大野に代えて菊地を投入。3バックから攻撃的な4バックへシフトチェンジし反撃の狼煙を上げた。
 
開始から2分後、交代出場の菊地がすぐさま結果を出す。自らのボールロストを取り返した松田 天馬が菊地へパス。ペナルティボックス外中央でボールを受けた菊地はワンタッチコントロールで振り向き迷いなく左足を振り抜く。ドライブのかかった弾道がゴールネットを突き刺し湘南が1点を奪い返した。
 
怒涛の攻撃はこれだけでは終わらない。
 
湘南は63分に秋野 央樹に代えて野田 隆之介を投入。3トップに押し出し更にギアを上げていけば、74分には中川 寛斗から古林 将太にスイッチして右サイドを活性化。曹監督の積極采配が試合を動かす。
 
そして遂に同点ゴールが生まれた。
 
79分、右サイドの山根が、相手ディフェンダーの背後をすり抜けようと動き出す野田へピンポイントパス。ボールを受けた野田がゴールライン際まで深くえぐりマイナスのクロスを送ると、フリーで待ち構えていた菊地が今度は右足でゴールに叩き込んだ。
 
「自分たちを信じて逆転しよう」曹監督の言葉を胸に菊地は、劣勢を覆す大仕事をやってのけた。
 
しかしこのままでは終われない・・・緑と青のサポーターは休むことなくピッチ上の選手たちを鼓舞しつづける。
 
歓喜が訪れたのは後半アディショナルタイム、ラストワンプレーで奇跡は起こった。
 

固定ページ: 1 2 3

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP