コンサル

2020.2.14

  • 96
  • 3

美容師は技術や知識よりも集客を学ぶべき3つの理由

こんにちは 勝村大輔(@gunners5050)です。

この記事を書いているボクは、現役の美容師です。

美容師歴は25年、人口20万人の市内に20坪ほどの小さな美容室を営んでいます。お店は先日、15年周年を迎えたばかりです。

 

勉強してますか?

 

社会人の1日の勉強時間は、たったの7分だそうです。

つまり、ほとんどの大人は勉強していないという事実。

この手の統計は、ググればたくさん出てきます。

「勉強しなさい!」と言っているあなたこそ、「勉強した方がいい!」という悲哀。

勉強しない大人たちは、次々に時代の流れを知ることもなく、取り残されていきます。

美容師も同じですよね。

流行を抑えないと、お客さまに喜んでもらえるヘアースタイルは提供できないのだから。

その点でいうと、美容師は勤勉です。

多くの美容師は、日々、技術を磨き、知識を深める努力をしています。

しかし、集客を学ぼうとする美容師はあまり見かけません。

本記事では、美容師こそ集客を学ばなければならない理由を解説します。

 

ラインナップは下記のとおりです。

  1. 勉強の目的とは
  2. 客が来なければ何も始まらない
  3. 集客力がなければ生き残れない

順を追って説明します。

1. 勉強の目的とは

そもそも、なぜ美容師は勉強するのか。

目的は一つですよね。

報酬を増やして、豊かな生活を手に入れる。

少なくとも、ボクはこう願っています。

そのために、たくさんのお客さまを喜ばせる。

そのために、スキルを高める。

スキルは手段であり、目的ではありません。

ただし、スキルを突き詰めて、その道を極める生き方もありです。

芸術家やアーティストはそれに当たります。

ですが、商売である以上、

やりたいこと = 喜ばれること

は稀です。

もっと言ってしまうと、

スゴい人 = 人気者

は誤解です。

それなのに、スゴいと思われるために勉強する人が多過ぎです。

知識をひけらかす美容師はバカです。

なぜなら、

お客さまは勉強したいわけではない、
キレイになりたいのだから。

2. 客が来なければ何も始まらない

どんなに技術を磨いても、
どんなに知識を深めても、

お客さまが来なければ、それを発揮するどころか、廃業していまします。

『美容室の倒産が急増。過去最多を更新』のニュースから紐解く【生き残る美容室の3つ条件】

だからこそ、集客を学ぶできです。

にもかかわらず、集客を店任せにしている美容師が多過ぎです。

いったい、いつまで巣の中のひな鳥を続けているのだろうか。

職務怠慢です。

髪を切ることだけが、美容師の仕事ではありません。

3. 集客力がなければ生き残れない

オーナー、スタッフにかかわらず、すべての美容師に集客力は必要です。

「最近、ホットペッパーの効果が減ってきた」
「ホットペッパーは高過ぎる!」

こんな声をよく耳にしますが、ホットペッパーを頼りに生きてる美容師は、ホットペッパーがなくなったらどうするのだろう。

まだ、気がついていないのだろうか。

リクルートは、情報弱者をカモにしていることを。

美容室がホットペッパービューティから脱出する方法について考えてみた。【HPBのメリットとデメリットを解説】

技術を磨くのと同じように、
知識を深めると同じように、

集客力を鍛えましょう。

集客力の鍛え方は、下記の記事を参考にしてください。

今回は以上です。

美容師の売上アップの秘訣は『営業力』残念ながら『技術力』ではない。

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP