コンサル

2020.3.22

クーポンサイト(ホットペッパービューティ)に100%集客を委ねている美容室はヤバイ!【3つの理由】

3. その場凌ぎの自転車操業から脱出しよう

クーポンは麻薬のような中毒性があります。

クーポンを出せば、ひとまず客は来る。その傍らで、クーポンをやめると客が来ないのではないかと不安になる。

だから、やめたくてもやめれない。

採算が取れている大丈夫だと、安心している人もいるかもしれませんが、

クーポンサイトが値上げに踏み切った場合は、どうなるでしょう。

それでも費用対効果は維持できると言いきれますか?

クーポンの利用者は、クーポンサイトのお客さまです。

お店は、クーポンサイトの代行でお客さまに施術をし、料金をいただく。

極端に聞こえるかもしれませんが、これが、クーポンサイトに100%集客を委ねている美容室の現状です。

美容室にかかわらず、すべての店舗は自転車操業から脱出するべきです。

店舗経営は、必ず波が訪れます。ピンチに陥ることもあるはずです。

ピンチの時に、お店を支えてくれるのはファンです。

お店にたくさんのお客さまを呼び込んでくれるのもファンです。

お店が大切にしなくちゃいけないのはファンなのです。

クーポン頼みの運営では、ファンをつくどころか、いずれ破綻を迎えるでしょう。

下記のエントリーも参考にしてみてください。

美容室がホットペッパービューティから脱出する方法について考えてみた。【HPBのメリットとデメリットを解説】

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP