コンサル

2020.4.30

コロナ禍の美容室にとってGWは決断の週になる【休業 雇用 売上減】

3. 売上減

前述のとおり、緊急事態宣言が延長された場合、美容室の売上減は必至です。

ならば、いっそ逆手にとってはどうでしょうか。

『持続化給付金』の受給です。

 

売上が半減した美容室は持続化給付金に頼ろう

 

持続化給付金の受給資格は、売上の半減です。

 

もし4月の売上が半減していないのなら、5月に休業を実施するのが賢明かもしれません。

逆に、すでに持続化給付金の受給資格を取得済みならば、最小限に営業を継続するのも一案です。

しかし、休業要請の対象となった場合の強行営業は、精神的に追い込まれるかもしれません。

今や、投石や張り紙、警察への通報などの嫌がらせが蔓延しています。

余程の覚悟がないと、営業の継続は困難かもしれません。

いずれにしても、近日中に今回お伝えした3つの判断に迫られることは、ほぼ確実です。

長期的な視点で判断するのが賢明です。

コロナ禍の美容室は100%安全ではないけど、笑顔が取り戻せる場所である。【自粛営業の本音】

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP