コンサル

2019.11.21

読まれないブログが劇的に読まれるようになる3つの方法

1. タイトルに注力する

ブログ運営において、記事タイトルは最重要

読まれる、読まれないは記事タイトルのつけ方次第で決まります。

記事タイトルは、あなたが届けたい情報と、読者が知りたい情報を一致させる大きな役割を担います。

両者の想いが一致した時、あなたの想定を超えた閲覧数を獲得することができます。

そのためには、

読者が入力する検索キーワードが、記事タイトルに含まれている必要があります。

まずは、読者が入力するであろう、検索キーワードを知る必要があります。

タイトルに込める、検索キーワードを選ぶために、下記のツールを使うと便利です。

  • 関連キーワード取得ツール
  • Googleキーワードプランナー

いずれも無料で利用することができます。

関連キーワード取得ツール

関連キーワード取得ツールにキーワードを入力すると、そのキーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードが自動的に表示されます。

例えば、「美容師」と入力すると、

このように候補ワードがずらりと一覧されます。

例えば、この記事、

なぜ美容師の年収は低いのか?年収アップの方法と新たな働き方を提案

この記事に含まれる検索キーワードは「美容師 年収」です。

 Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーから得られる情報は検索需要です。

  • 検索ボリューム
  • 競合性

検索ボリュームが多く、競合性の低いキーワードを選ぶのか。

あるいは、あえて競合性の高いキーワードを選びおこぼれを期待するのか。

このような判断材料になります。

「美容師 年収」の場合、

  • 検索ボリュームは「月間1000〜1万」なので、需要はそこそこある。
  • 競合性は「低」なので上位表示の確率が高い

という判断になります。

Googleキーワードプランナーの使い方は下記の記事が参考になります。

Googleキーワードプランナーの使い方【2019年版】

【参考書籍】

「専門家じゃないし!」という声も聞こえてきそうですが、一読すべき1冊がコレです。いささか大袈裟かもですが人生を変えた本と言ってもいいくらいオススメです。この考え方はブログ運営には欠かせません。

徹底的に読者にフォーカスする

よく記事タイトルを先に付けた方が良いのか、後に付けた方が良いのかという、質問をされますが、

ボクは「検索キーワードだけは、先に決めるべき」と答えます。

まずは、読者が知りたいことを想起する、その上で、プロとしてどんな情報を届けたらいいのかを考える。

これが読まれるブログを書くための第一歩です。

 

NEXT→読みやすい文章、読み進めたくなる構成

固定ページ: 1 2 3 4

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP