サッカー馬鹿

2020.2.23

浦和レッズを圧倒した新生湘南ベルマーレの珠玉のプレー【7選】2020明治安田生命J1第1節 湘南vs浦和レビュー

❻ 果敢に走り回り前線をかき回したヤーマン&未月

山田直輝

2点目となるヘディングシュートを叩き込んだ山田直輝と、昨季よりひとつ前のポジションに挑んだ齊藤未月。

大分戦で敷いた3ボランチよりも、やや前がかりの布陣で臨んだこの日の湘南は、湘南スタイルの真骨頂、前線からのプレッシングに鋭さが増した。

齊藤未月

ボール奪取に走り回るだけでなく、流動的にポジションチェンジを繰り返しながら、果敢にゴールに迫った。

象徴的なシーンは、左サイドの山田が、同じ左サイドの冬一のクロスを逆サイドから回り込み押し込んだ2点目のシーンではないだろうか。

攻守にわたりハードワークをつづけた2人の躍動感が、湘南スタイルを取り戻すキッカケになったのではないだろうか。

 

NEXT→『PK逸も献身的なプレッシングが光ったタリク』

固定ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP