コンサル

2016.12.22

  • 177
  • 3

エクスマセミナーフラッシュ2016 〜Part1〜

エクスマセミナ−フラッシュ2016

「今年一年間でどれだけ成長できただろうか?」
「来年はどんな一年を目指そうか?」

年末を迎えると、無性に反省しようと思ったり、「来年こそはっ!」って意気込んでみたり、これってボクだけじゃないですよね。(笑)そのためにも、今年一年サポートさせていただいた全てのエクスマセミナーを振り返ってみようかなぁと思い立ちました。ものすごい私的な記事なので、興味ある人だけ続きを読んでみてください。

1/15 <新春セミナーに足を運ばなければいけない3つの理由>

2016年最初のエクスマセミナーは恒例の新春セミナー。大阪のライブハウスに120名もの方々が詰めかけました。今年のテーマは〜文化芸術〜「ビジネス書ばかり読んじゃだめだよ〜」って藤村先生はよくおっしゃいますが、その教え通り、ボクは今年、ほとんどビジネス書を読んでません。小説読んだり、映画観たり、サッカー観戦に出かけたり。仕事のような遊び、遊びのような仕事の幕開けのような、今振り返るとそんな風に思う。

1/28 <マンガでわかる 安売りするな!価値を売れ!出版記念セミナー直後に感じたこと>

藤村先生の出版記念セミナーが行われました。「もう読みましたよね?」安売りするな!価値を売れ!のマンガ版です。実はボクこの本にイケメンサッカー美容師といてマンガで登場しています。まぁ、似てる似てないとか、色々言われていますが、(笑)ともかく嬉しかった。この日はゲスト講師として登壇もしました。ボクにとって生涯忘れることのない舞台だったし、師匠への感謝の気持ちを込めて講演しました。

一応リンク貼っておきますので、まだ読んでない人は是非!あ。マンガで描かれたボクも必見です。

<マンガでわかる 安売りするな!価値を売れ!>

出版記念へのリスペクトを込めて、藤村先生をゲストにお招きして、ボクの私塾『フロリダ族』主催の「フロリダ族&エクスマセミナー」を2/22にボクのホーム純喫茶フロリダで開催しました。これからの時代に必要なこと。藤村先生が考えている”今”を熱く語っていただいたことを思い出します。ボクの場で師匠を迎える。来年もやりたいなぁ〜。

<超絶だった!?安売りするな!価値を売れ!フロリダ族&エクスマセミナー>

3/7 <ただ遊んでいるわけじゃない。真剣に遊んでるんだ!>

仕事をいかに楽しむか。仕事を楽しむ達人はどんな工夫をしてるのか?一見、遊んでるようにしか見えないエクスマの有名人たち。彼らは何を考え、どう行動に移しているのか?「儲かるから楽しいのではなく、楽しいから儲かるんだ!」まさにエクスマの真骨頂を体感できた、そんなセミナーでした。

4/12 <SNSが作り出すコミュニティーは、単なるファンクラブではない。ファン同士が繋がるファンが主役のコミュニティーである。>

SNSを使い倒して、たくさんの人たちとワイワイやってるうちに、いつの間にか出来上がってた。ボクらにとってみて、コミュニティーとは自然発生したものであり、作ろうとして作ったもんじゃない。

SNS活用について大切なことを学んだ。そう感じた参加者も多かったのではないだろうか。そして何を隠そうこの日のゲスト講師がボクだったって話(笑)

という冗談は抜きにして、コミュニティー発想は、SNS活用に鍵だとボクは思ってます。いかにして生まれ、いかにして育まれていくのか。共演のシミズの話もめっちゃ参考になった。

5/26 <好きなことが見つからない。どうしたらいいのでしょうか?>

”好きが最強!”好きなことを仕事に取り入れる方法。好きなことを仕事にしちゃう術、ここだけの話、「ボクがめっちゃ講演したいテーマだったよ。(笑)」好きは個性となり、たくさんの人を巻き込んでいく。好きだから、夢中になれるし、圧倒的に輝いていく。好きなことがあるってことは、それだけで才能があるってことなんだよね。

・・・・・・・・・・

というわけで、全部書こうと思ったらまぁ書ききれんし。(笑)今年前半のエクスマセミナーのまとめを作ってみました。内容はごく私的なものなので、参考になるかわからないけど、なんかこうやって並べてみると、すごく一貫してて、この通りにボクは歩んできたんだなぁと思った。やっぱりボクにとってエクスマセミナーは指針となっているんだな。後半のまとめは後ほど、そして塾生限定セミナー『エレメントE』についても書いていこうと思う。

それでね、やっぱり新年一発目、毎年恒例の新春セミナーこそ参加すべき。マジでそう思う。なのでもし日程調整できる人は、2017年のエクスマ新春セミナーにお越しくださいね。それではまた。

<エクスマ新春セミナー募集>

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

  • follow us in feedly
TOP