サッカー馬鹿

2020.2.18

劇的勝利の要因は?ルヴァンカップGS 湘南ベルマーレvs大分トリニータレビュー

2. 新戦力が躍動

注目の新戦力は7人がスタメン、3人がベンチ入り。うち8人が新天地デビューを果たしました。

この8人の活躍を振り返ります。

舘 幸希(たち こうき)

左ボランチを担当。80分までプレー。

昨季途中から練習参加しているだけあって、遜色なくチームにフィット。34分にみせた知念への激しいタックルは、ファウルこそ取られてしまいましたが、この日の活躍を象徴するプレーでした。守備能力の高さを存分に発揮したのではないでしょうか。

大岩 一貴(おおいわ かずき)

右CBでフル出場。

抜群の安定感。87分にみせたシュートブロックは見事の一言に尽きる。これまで自陣ゴール前で左右に揺さぶられ失点してしまうケースが多かったが、中への絞り方、縦へのブロックが秀逸。77分には広教のクロスに飛び込むなど積極的な攻撃参加も見せ、実力を証明した。

福田 晃斗(ふくた あきと)

ボランチ中央でフル出場

この日はキャプテンマークを巻いての出場。新天地デビューにして、もはやチームの中核を担う存在感。

アンカー気味にポジションを取り、攻守のバランスを保つ。ボールの配給役に徹しゲームをコントロールした。

これまでにない、チームに落ち着きをもたらす選手でしたね。

石原 広教(いしはら ひろかず)

右サイドハーフでフル出場

守備に追われる時間帯が多かったが、サイドを駆け上がるシーンも幾度か見られた。

一年ぶり復帰で、成長の片鱗をみせた。

堂々たるプレーぶりに頼もしさを感じたサポーターも多いのではないでしょうか。

 

※ルヴァンカップGSのレギュレーションには、21歳以下の選手の先発出場が義務付けられてますが、この日は、広教の出場がこれに該当する。

馬渡 和彰(まわたり かずあき)

左サイドハーフでフル出場

[3-5-2]の成功は「このポジション次第」と語っていた馬渡は、言葉どおりの存在感を見せつけた。

24分の連携は見事だった。ボール奪取と同時に左サイドでボールを呼び込み、駆け上がる大野と入れ替わり、大野がクロス。得点には至らなかったが、試合を通じて左サイドを活性化させた。

左サイドでのプレーだけに、カットインからのシュートシーンをもっと見たかった。

タリク

CFで70分までプレー

ボールに絡むシーンが少なく、存在感を見せつけることは出来なかった。

しかし、献身的なプレーぶりが印象的。

いち早く得点シーンが見たい選手ですよね。

岩崎 悠人(いわさき ゆうと)

2トップの一角として60分間出場

活発な動き出しでボールを呼び込んだが、出し手との連携が合わないシーンが目立った。

前線から積極的にプレスに奔走も空転。「まだまだ突き詰めないと」と反省を口にした。

石原 直樹(いしはら なおき)

岩崎に代わり60分からピッチに立つ。

動き出しの質はさすがの一言。巧みなポジショニングでボールを引き出し攻撃にリズムを生み出した。

 

【2020シーズン新加入選手の特徴は下記にまとめています】

【J1 2020】湘南ベルマーレに新加入した全選手の特長をチェック!

 

NEXT→選手たちが語る3つの課題

固定ページ: 1 2 3 4 5 6

Categories & Tags

あなたも大切な人のサポーター。よかったらシェアお願いします!

TOP